ツール 有料ツール

複利注文、ライン決済、経済指標・・・便利で多機能な裁量補助ツール!エターナル・パートナー

エターナル・パートナーとは?

今回は裁量トレードをする際にMT4の利便性を大幅に高めてくれる裁量補助ツール、エターナル・パートナーについて紹介したいと思います。

まずエターナル・パートナーについてですが、このツールは44種類もの豊富な機能を搭載した裁量補助ツールになります。

cd965b943338ccfe2c18ef85d18c8808-e1585377629307.png

例えばMT4に標準装備されていない注文や決済に関わる機能、複利によるロットの計算・注文、ボラティリティの大きさや注文してからの経過時間、保有ポジションの損益等の豊富な情報表示機能など、様々な機能があります。

ではこの豊富な機能によりどんな問題が解決されるのか?

例えばあなたはMT4を使用していて次のような悩みはないでしょうか?

✔ 複利ロットは自分で都度計算しなければならない。
✔ MT4の新規注文画面はとにかく分かりにくい。しかも別ウィンドウ。
✔ ワンクリックトレード?指値/逆指値注文できないし。
✔ 経済指標発表をうっかり忘れてた!よりによって逆行…。
✔ え?!こんなにスプレッド広がってたの?!
✔ ポジションが複数あるのに一括決済できない。
✔ トレイリングストップや決済逆指値の建値移動の設定が面倒。
✔ ターミナルを開かないと損益が見えない。
✔ ターミナルを開いているとチャートエリアが狭くなる。
✔ 時間足の切替えはあの小さなボタンを押すしかないの?
✔ 手数料を加味したらこのポジションは勝ってる?負けてる?
✔ 逆行してナンピンしたが、建値決済位置はどこらへんだ?
✔ 今のボラティリティが分かりにくい。
✔ どこで注文/決済したかチャートを見ても分からない。
✔ 何でこんなチャート形状で注文/決済したんだっけ?
✔ pointって何?pipsで管理したいんだけど。

上記のようなMT4を使った裁量トレードではできなかったことや分からなかったこと、こういう機能があったらなあといったことがエターナル・パートナーを使用することで解決できます。

そんなMT4にはない豊富な機能を付加してくれるエターナル・パートナーですが、ここではそんな同ツールの豊富な機能の中から管理人が特に便利だと思った機能を中心に紹介させていただきます。

エターナル・パートナーの詳細はこちら(GogoJungle)

エターナル・パートナーの詳細はこちら(インフォトップ)

 

便利な機能①複利によるロット計算・注文も操作パネルからワンクリックで!

まずこのツールのいいところはチャート上に表示される操作パネルから注文や決済等、様々な指示が可能で、しかもこのパネルがカスタマイズも自由で分かり易いところ。

Eternal-Partner-All.png

230個もの設定パラメータを自由にカスタマイズしてこのパネル一枚に収納して表示ができますし、必要に応じてパネルの表示を全表示、注文用、決済用、閉じた状態に簡単に変えられます。

↓右隅に移動して注文機能だけを表示

↓決済機能だけを表示

このパネルから成行、指値、逆指値などの注文を簡単に、素早く行えるのも便利なところですが、注文方法で私が特に便利だと思ったのが複利機能。

パネルの右上隅の「複利」と書いてある箇所の空欄および「SL」(損切となるpips)に数字を入力すれば、損切時に資金の何%までリスクを許容するか(「複利」の欄に入力した数値)に応じて自動でロットを計算してくれて、注文時にはそのロットで発注してくれます。

例えば資金の2%まで許容するという時は、「複利」の下に「2」と入力していれば、発注する際にSL10を考慮した上で資金に応じたロットで注文を入れてくれるわけです。

Eternal-Partner-Fukuri.png

EAなんかだと複利ロットの自動計算は当たり前のようになってますが、裁量トレードで複利ロットを自動計算で算出し発注までやってくれるというのは、複利で資金を増やしていこうというトレーダーにとってはとても便利な機能です。

資金が増える時だけでなく、負けが続いて資金が減少した時もロット調整が自動でできてしまいますし、リスク管理の点からも重宝する機能だといえるでしょう。

 

便利な機能②うっかりミスでの危険な注文も防いでくれる3種類のエントリーフィルター

このツールは注文時のリスク回避のための「エントリーフィルター」の機能も備えています。

許容するスプレッドよりもスプレッドが開いた場合にエントリーできなくなる「スプレッドフィルター」、証拠金維持率が指定の数値よりも下がった場合にはエントリーできなくなる「証拠金維持率フィルター」、更には経済指標の発表前後の指定の時間でエントリーができなくなる「経済指標フィルター」まで備えています。

普通にMT4でトレードしてたらスプレッドあたりは気にするかと思いますが、証拠金維持率はうっかり見ていなかったりする場合もありますし、経済指標なんかも事前に確認して意識していないと忘れてたりします。

裁量系のツールでもスプレッドフィルターあたりは見たことありますが、証拠金維持率や経済指標のフィルターまで備えているツールは稀だと思いますし、こうしたリスク回避のための機能があると使ってて安心できるのではないでしょうか。

 

便利な機能③トレンドラインによる決済も!多彩な決済機能!

エターナル・パートナーは決済機能も豊富に備えています。

  • 当銘柄の一括決済
  • 全銘柄の一括決済
  • 順行時のSL建値移動
  • トレイリングストップ
  • 指定時刻決済
  • 経過時間決済
  • 逆行時の建値決済(ナンピン対応)
  • トレンドライン決済
  • エントリー後のTP/SL設定

その数全部で9種類。

しかも上記の決済機能の有効/無効やTP/SL設定はパネルで操作できます。

Eternal-Partner-Variable.png

中でも管理人が注目する機能はトレンドライン決済

ラインはキーボードの「e」キーで線の色や大きさ、種類などを指定して簡単に表示(「E」キーで削除)できますが、このライン機能を使ってトレンドラインを引くと、価格がラインに到達したときに自動で決済させることができます。

51f84fbd7526cbdf0340d65c2639245f.png

他にも指定時刻決済やナンピンに対応した建値決済があるのも便利ですし、更に「ガイドライン機能」を使えば、先に水平線の位置を動かしておいて指定した場所にTP、SLの決済ポイントを決めてから注文なんてこともできてしまいます。

このガイドライン機能を使うことで、逆指値や指値注文もチャートの画面を見て注文や決済の位置を確認しながら簡単に行えますので、これまた非常に便利な機能です。

Eternal-Partner-Guideline.png

 

便利な機能④ボラティリティや経済指標まで表示!トレード情報の可視化

エターナルパートナーはチャート上での表示機能も充実しています。

以下の9つの補助情報をチャートに表示できます。

  • ポジション損益
  • ポジション保有時間
  • エントリー・エグジット間を結ぶ線と矢印
  • 経済指標
  • スプレッド
  • ローソク足の残り時間
  • 直近ボラティリティ
  • 現在ボラティリティ
  • 複数ポジション時の加重平均価格

Eternal-Partner-Support.png

b766df0fd399b3933e4b5d6619312d72.png

ポジションの損益が一目で分かるのもグッドなんですが、個人的にはボラティリティ表示なんかはいいなと思いました。

緑色の幅のある棒線で表示してくれて直感的に現在のボラの大きさを把握できますし、それとは別に24時間直近のボラも数値で表示してくれますので、ボラを意識したトレードがし易くなります。

また複数ポジションの加重平均価格があることで、ナンピントレードをする際に決済の判断をしたりする際には重宝するはずです。

さらには経済指標をテキストと垂直ライン(発表予定の時刻)で表示してくれますが、通常のMT4には勿論ない機能ですし、これがあると指標発表の時間を意識してトレードできるようになります。

エターナル・パートナーの詳細はこちら(GogoJungle)

エターナル・パートナーの詳細はこちら(インフォトップ)

 

実際に使用してみた感想

今回はレビューにあたりモニター版を入手できましたので、実際に使用してみました。

で、実際に使ってみた感想ですが、ほぼすべての機能で必要に応じてオンオフや細かな表示や機能設定でカスタマイズできますし、思ってた以上に使い易く便利でした。

機能の中で特に便利だと思ったのは次の機能。

・複利機能

・トレンドライン決済

・注文時のガイド機能

・フィルター機能

・ワンタッチでのライン描画

・経済指標の表示機能

ここまで触れていない機能だとワンタッチでのライン描画なんかは水平線や垂直線もキーボードのボタン一つで引くことができますし、これ使ったらたぶんもとのMT4のラインの引き方なんか忘れてしまうくらいに便利です。

また経済指標の表示なんかはMT5にはありますが、MT4にはない機能なので、これがあると指標発表の時間を意識してトレードできるようになります。

それからなんと注文時にスクリーンショットまで自動で取ってくれるんですが、これなんかは後々自分のトレードを振り返る際には便利かもしれません。

あとこれも重要なポイントだと思いますが、メインのチャートの邪魔にならない、重くならないという点でも評価できます。

これだけの機能があるので、私も最初はその点が気になりましたが、開発者のりゅーきさん自身がトレーダー兼プログラマーということで、他のインジやツールを使う場合のことも十分配慮した上で開発されているのが伝わってきました。

レビューする前、そして実際に使用する前は、機能が多過ぎてごちゃごちゃしてて使いにくいのではないのか、必要ない機能ばかりで通常のMT4で十分じゃないのかとも思ったのですが、このツールがあると間違いなく裁量トレードの強い味方になってくれますし、確かに永久に手放せなくなる(エターナルな)心強いパートナーになってくれるかもしれないツールです。

 

特典は6つ「ニュース速報インジケーター」が便利!

本ツールには特典が6つあります。

特典1:メンバーサイトへのご招待

特典2:無期限メールサポート

特典3:時間区切り線インジケーター「HourSeparater」

特典4:ニュース速報インジケーター「NewsAlert」

特典5:ダッシュボード切替えインジケーター「DashboardChanger」

特典6:トレード履歴出力スクリプト「OutputTradeHistory」

特典1と特典2は特典というより最近では商材購入したら通常含まれるサービスの範囲かと思いますが、メールサポートが期間限定ではなく無期限というのがいいですね。

また特典3~特典6はもらって損のないインジケーターだと思います。

特にニュース速報インジケーターは、FX情報サイト「TRADER’S WEB FX」から最新のニュースタイトルを取得してチャートに表示してくれるという他にはない優れもの。

クリックしたら同サイトに移動して詳細をチェックできますし、ファンダメンタルも気にしておきたいというトレーダーであれば結構使えるのではないでしょうか。

 

まとめ

以上裁量補助ツール、エターナル・パートナーを紹介してきましたが、「裁量トレードが超快適になる!!」という宣伝文句は嘘偽りないと思います。

MT4を使用していてこういう機能があればなあというのはほぼ備わっていますし、開発者自身がトレーダーということもあってトレーダーにとってのユーザビリティがよく考え抜かれているという気がしました。

複利機能やトレンドライン決済を含む9種類の決済、様々な補助情報の見える化なども文句なく素晴らしい機能ですが、裁量トレードはEAと違って不意のミスというのも起こり得るトレード形態ですので、個人的にはエントリーフィルターでリスクを低減したりラインを移動させて目視で確認しながらTPやSLを発注できたりといった機能も、守りを固めながらトレードするという意味で良い機能ではないかと思います。

そういうわけで初心者上級者関係なく、取り入れたら商品名どおり長い付き合いになりそうな裁量補助ツールになっているのではないでしょうか。

エターナル・パートナーの詳細はこちら(GogoJungle)

エターナル・パートナーの詳細はこちら(インフォトップ)

 

 

 

 

 

 

© 2021 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5