インジケーター 有料インジ

StarHarmonicを使ったハーモニック・パターンのトレードで勝てる!?

今年になって裁量トレードを再開してまたもや色々なインジを試してるんですが、以前紹介したハーモニック・パターンのインジケーター「ハーモニックパターン検出インジケータV10」に勝るとも劣らないインジケーターを使ってみましたのでご紹介します。

ハーモニック・パターンに関心ある方なら既に使っているかもしれませんが、Star Harmonicというインジケーターです。

開発したのは当ブログでも以前紹介した「医学的FX」を運営されているPeaky FXさん。

まず素晴らしいのが、価格が安価なのに、基本パターン13種+拡張パターン56種=合計69種ものパターンが分かり易く表示されて、それぞれのパターンについてON/OFFで切替できるところ。

現在下記のパターンが表示可能となっているんですが、勿論基本パターンや古典的パターン(バットやガートレー、バタフライ、クラブ等)に絞ってもいいし、そこはお好みでオンオフ自由です。

基本パターン 13種

Gartley, Bat, Alt Bat, Butterfly, Crab, Deep Crab, Shark, Cypher, Nen Star, 5-0, 3 Drives, ABCD, Reciprocal ABCD

拡張パターン 56種

White Swan, Black Swan, Sea Pony, Moth, New Cypher, One2One, Kane, Garfly, Leonardo, Harold, Bethlen, Henry, David, Poruchik, Partizan, May-00, Navarro 200, Max Gartley, Max Bat, Max Butterfly, Total1, Total2, Total3, Total4, Total, Anti Gartley, Anti Bat, Anti Alt Bat, Anti Butterfly, Anti Crab, Anti Deep Crab, Anti Shark, Anti Cypher, Anti Nen Star, Anti 5-0, Anti 3 Drives, Anti Sea Pony, Anti Moth, Anti New Cypher, Anti One2One, Anti Kane, Anti Garfly, Anti Leonardo, Anti Henry, Anti Poruchik, Anti Partizan, Anti May-00, Anti Navarro 200, Anti Total1, Anti Total2, Anti Total3, Anti Total4, Anti Total

今現在も改良が進んでいて新しいパターンも発見され続けているようですが、これだけのパターンをカバーできているハーモニック・パターン・インジって他にないのではないでしょうか?

これだけでも凄いんですが、さらに便利なのが、Potential Reversal Zone(PRZ)とフィボナッチリトレースメントをパターンの出現と同時に表示してくれるところ。

PRZは潜在的な反転ゾーンで、エントリーの目安となってくるゾーンですね。

少し分かりにくいんですが、二本のラインで囲われたゾーンになります。

このPRZの表示はハーモニックパターン検出インジケータV10にはなかったものですが、これがあるのとないのではかなりトレードのやり方も違ってきますね。

下はユーロドル一時間足でWhiteSwanというパターンが出現したときのもの(クリックで拡大)。

御覧のように、パターンだけでなくPRZ(二本のライン)とフィボナッチトレースメントが表示され、さらにはエントリーサインの矢印(※パターン検出でアラート・メール・プッシュ通知の設定可)も表示されてて分かり易いです。

ちなみにフィボナッチはこのパターンでは逆三角形の頂点(100%)から矢印サインの地点までの上昇から戻り何%かを表しています。

矢印サインについてですが、これはここですぐエントリーしてもいいんでしょうけど、当然PRZの奥の方まで引き付けてエントリーした方が損失は減らせますね。

また決済については損切がPRZの奥のライン上かその少し上(下)あたり、利確については32.8%か61.8%あたりになると思いますが、トレーリングでさらに利益を伸ばして61.8%より上を狙うのもありでしょう。

画像を見ていただくと分かりますが、このハーモニック・パターンを利用したトレードは損小利大が期待できるトレードです。

そして印象としてはパターン出現から5割ぐらいは反転しているように見えます。

損切に掛かる場合もあるので、反転しててもそれですぐ勝っているということにはならないと思いますが、リスクリワード比率(=平均利益÷平均損失)で仮に1.5ぐらいだとすると、勝率4割でも利益出ます。

なので、できれば4割~5割以上の勝率にしたいところですが、1時間足のユーロドルチャートをちょっと見た感じではそれぐらいの勝率は十分狙えそうです。

ところでこのインジケーターは過去のチャートにも表れたパターンの文字と矢印を残してくれていて、そこにカーソルを合わせるとその時のパターンを表示してくれますので、過去チャートによる検証もし易いです。

そこでユーロドル1時間足チャートで少しだけ遡ってパターンを検証してみました。

まずは反転したときのパターン(勝ちパターン)。




上から三つ目のパターンは矢印出現から少しまた下がっているので、ひょっとしたら損切になったかもしれないです。

次に反転せずそのままずるずるいってしまったときのパターン(負けパターン)。




実はハーモニック・パターンを使う場合、これが結構あるんですよね。

それで諦めてやはり勝てないと思う人も多いようです(私もその一人かも・・)。

ただパターンを絞り込んで古典的パターンだけにするとか、他のインジケーターや各種ラインブレイクなんかと組み合わせてトレードするとか、工夫次第ではさらにエントリー精度や勝率も上がるでしょうから、そこはまだ改善の余地がありそうです。

とりあえずハーモニック・パターンを使ったトレードに興味がある方は、このStar Harmonicは安価の割にはかなり使える(※必ず勝てるという意味ではないです・・)と思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

StarHarmonicの詳細はこちら

 

 

 

 

© 2021 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5