有料商材 商材

【気になる商材チェック】ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん- 

『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-』とは?

今回は以前当ブログでも紹介した『FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝』の開発者である「ぷーさん」こと熊木氏の開発した商材が新しく販売開始されたということで、ご紹介したいと思います。

新商材を紹介する前に『FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝』についてですが、こちらは4時間足を利用したライントレードで、バージョンアップで15分足での手法も追加されましたが、メインはオーソドックスなスイング手法でした。

しかし今回はスキャルピング手法、しかも1分足がメイン(※5分足も検証中とのこと)ということで、通常なら私が裁量のスキャルピングが苦手なので取り扱わないんですが、信頼できる商材提供者のぷーさんということもあり、取り上げてみました。

商材名は『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-』

手法の詳細については後述しますが、今回はラインは使用せず、ロンドン時間やニューヨーク時間での市場開始数十分間をターゲットとした1分足のスキャルピング手法ということで、『輝』のゆったりとしたトレードスタイルとは全く異なる手法になっています。

ただ市場開始直後と言ってもエントリー・損切り・利確をすべて前もって同時に出すIFO注文で注文を出すということですので、瞬間的な判断や反射神経を要求するようなものではないようです。

また市場オープンから数十分だけでなく、それ以外の時間帯でも使える応用テクニックも紹介されているようなので、サラリーマンや忙しい方でも使える手法のようです。

 

閃-せん-』の手法

その手法の詳細ですが、概要は販売ページで公開されています。

ただその具体的な手法の前に、「ぷーさん式スキャルのトレード根拠」にも触れられています。

ちょっと長いですが引用します。

大手の仕掛けや取引にコバンザメ

これがトレードで勝つ上で最重要です。これを意識せずにトレードで結果を出すのは不可能と言っても過言ではありません。

自分で価格を動かせないのだから、動かせる人についていく。当然の作戦ですね。

ぷーさん式スキャルのトレードの優位性の根拠ですが、市場開始直後に機関投資家やヘッジファンドなどが利益を狙いにいくところに乗っかっていくトレードということです。

価格が伸びやすい

マーケット開始直後は大きな資金を持っているヘッジファンドなどが仕掛けてきたり、銀行などが市場開始前の取引の注文を捌いたりしますので、大きな資金が入ってきます。

その大きな資金の流れに乗っかることで、価格が伸びやすいので利確しやすくなります。

損切りにあいにくい

そして、最大のメリットとしては大手の機関投資家やヘッジファンドなどが利確をするまではポジションを手放さないため、ポジションが守られやすくなり、損切りに合いづらくなります。

価格が伸びやすく、損切りにあいづらいところでエントリーをする。というのはトレードの基本中の基本ですので、必ず覚えておいてください。

インジケーターを組み合わせてルールを作った、とかでは絶対にこのような理論的に利益が上がるトレードルールには仕上げられません。

なるほど、ヘッジファンドや機関投資家などの大手による「大きな資金の流れ」に乗っかることで、利益が伸びやすく、損切にあいにくいトレードをやろう、というわけですね。

で、そういう絶好のエントリーポイントこそが、マーケット開始直後に訪れやすいというわけです。

実際に大手機関投資家やファンドが大量の資金を入れて相場を方向付けようとしているのかどうか私には分かりませんが、確かにロンドン時間にしてもニューヨーク時間にしても、マーケットオープン直後は急激に価格が一方向に動くことが多いです。

ちなみにこのマーケットのオープン直後というのは、ロンドン市場開始時刻である日本時間の17時(サマータイム期間は16時)直後、ニューヨーク市場開始時刻は日本時間の22時(サマータイム期間は21時)直後ということになります。

では、そんな市場の開始直後にとる具体的な手法とはどのようなものか。

今の所のルールとしては、

市場開始直後の数十分が最重要、1時間経過したらエントリーしない

ロング(買い)エントリーのルール

  • 大陽線(大体3pips4pips)が出たところ1
  • 大陽線が2本(大体5pipsくらい)でたところでエントリー(連続で出てないとNG
  • 基本的には少し引きつけて指値でのエントリー(成行でも構わない)
  • 損切りはエントリーを判断したロウソク足の数pips下に置く(ざっくりで構わない)
  • 損切りと利確の幅は11(損切り幅が7pipsだった場合、利確も7pips

販売ページで言及があるのはUSDJPYとEURUSDなので、想定されている通貨ペアはこの2通貨ペアでしょうか。

なかなか細かいルールになってますが、基本はマーケットのオープン直後という時間フィルターに、ロウソク足の陽線(陰線)出現の条件を加えたプライスアクション的な手法と言っていいかと思います。

そして注文方法は「成行でも構わない」とありますが、基本は上述のようにIFO注文で入れるようです。

注文はIFO注文(エントリー・損切り・利確をすべて同時にいれる注文方法)で行います。

陽線の大きさもそうですが、ヒゲはさらに重要

 pips数はボラが小さい・大きいなどの相場状況によって上下します。

 

こちらは注文時の画像。

確かに陽線1本または陽線2本連続でエントリーで、シンプルに7pipsで利確しているようです。

ちなみに売りエントリーの条件はこの逆ということになります。

なんかめちゃシンプルなので、教材買わなくても実践できそうですねw。

まあ様々なチャートパターンで検証、解説がなされてると思いますし、応用テク二ックも紹介されていますので、この手法を導入したい方はやはり購入した方がいいと思いますが、短期間でも身に着けられそうな手法ではないかと思います。

しかし他の「ぷーさん式」もそうですが、理論的根拠を突き詰めた上で、こういうシンプルな手法まで落とし込み、それから徹底的に検証を行い、それを動画公開してくれるわけですから、そこが「ぷーさん式」FX商材の信頼に足る理由ではないでしょうか。

ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-の詳細はこちら

 

先行販売の意味

ただしこの商材ですが、実はまだ90%までしか完成していないとのこと。

ではなぜその段階で販売を開始するのか?

販売ページにはこう記載されています。

『早くトレードルールが知りたい』とか、『ぷーさんと一緒に検証をしながらトレードを仕上げていきたい』という声を多数いただきましたので、すべて出来上がってから販売開始をするのではなく、先行販売という形にさせていただきました。

そうすることによってトレード手法の作り方や検証方法の学習にもなりますし、様々な失敗をしたりして改良を加えていくところを見せることで、トレード手法の信憑性も上がるのではないか?という考えでございます。

通常は手法が完成したところから販売スタートなので、少し戸惑うところもありますが、確かに手法の作り方や検証方法まで学べるというのは面白い試みですし、学びになる部分も多いのではないでしょうか。

ただやはり気になるのは、これが優位性のある手法であるかどうかという点だと思います。

販売ページで公開されている検証データは次のように書かれています。

先行販売段階(2021年4月24日)のぷーさん式スキャルの検証数

USDJPY東京市場開始直後のトレード100回(検証した年 2017年前半)
6634

EURUSDロンドン市場開始直後のトレード100回(検証した年 2017年前半)
6535

EURUSDニューヨーク市場開始直後のトレード442回(検証した年 2017年前半+2020年1月〜2021年3月)
290勝152

 

と、計642こなして、421勝221

勝率は6割以上とかなりの好成績。

リスクリワード比は1:1になっていますので、この検証結果が本当なら当然利益は残っていきますね。

しかしそこは「ぷーさん式」ですので、単に信じていいかどうかわからない“検証データ”だけでなく、なんとこのトレードの画像データと解説動画も用意されています。

このトレードは購入後、すべて画像で見ることができ、なんでエントリーしたか?や、反省点などを話したトレードの解説動画もございます。

そして、これから2020年1月〜2021年3月31日まで(ロンドン市場)の検証をしていきますが、その画像やデータや解説動画もどんどん追加していきます。

まさに検証に次ぐ検証って感じですね。

単に手法だけ紹介して、実践動画は無しかちょろっと流すなんて商材も少なくないわけですが、ここまで検証画像や動画を見ることができれば、購入者も同じ手法のトレードを早く実践できるようになるのではないでしょうか。

さらに先行販売には以下の先行者特典も用意されています。

☑手法が出来るまでトライ&エラーを繰り返しながら、トレードを改善していく講義動画

☑継続的に情報配信(おそらく週2回程度、週1回配信報告は絶対、期間は2~3ヶ月程度の予定)
※コンテンツはOne Driveの購入者専用ページにアップロードしていき、メールマガジンでのサポート配信も
していきます。

☑全検証記録(画像・解説動画)を公開【検証デモトレードリアルトレード】
トレード手法だけでなく検証方法まで学べます。

☑フォレックステスター4による過去検証はEURUSD2020年頃〜2021年3月まで試行予定、その後デモトレードで検証、そしてリアルトレードへ。

☑全トレードを画像や動画で解説。

☑質問回答は無制限&無期限にて受付

 

 

先行販売開始現在(20214/24)のアップロード済み動画

#01 FT4 チャート設定方法

#02 せんのルール解説&20210101-20210331まで検証報告

#03 NY市場開始直後2020-20210331まで【EURUSD

#04 3の時間 の解説

検証動画は勿論重要ですが、「#04 第3の時間の解説」も気になるところです。

なお、この期間限定での「先行販売特別version」の販売期間は、2021年 4/24~2021年6/30までとなっています。

また、「手法解説動画」については、「検証・デモトレード・リアルトレードこれはすべて定期配信にて、1回は必ず報告させていただきますそれが終了次第、完全にルール化したぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せんを講義動画にてお届け。」という流れになっていますので、先行販売段階から参加することで、じっくりと検証過程から学んでいけるということになります。

 

まとめ

ということで「ぷーさん式」シリーズに新しく加わったスキャルピング手法の『閃-せん-』ですが、これまでのラインをベースにしたスイング手法とは全く違ったスタイルになるわけですが、手法自体は今回もまたシンプルなものになっていますでの、初めてFXに取り組む方でも身に着けやすい手法だと思います。

なお販売ページでは1ヶ月20回程度というスキャルピング手法としては非常に少ないトレード数を想定した上で勝率6割の計算で利益のシミュレーションがなれています。

ただ1分足ですし、応用テクニックでマーケット開始直後以外の時間についても狙える手法であること、少なくとも2通貨ペア(USDJPY・EURUSD)でトレードできることを考えるともう少しチャンスは増えるのかなと推測します。

利益は手法が固まれば、後はトレード資金とロット管理(複利)で増やしていけるので、裁量トレードではまずは勝てる手法を固めることが重要でしょう。

その意味では、とにかく検証過程をこれだけ徹底して公開している商材というのは本商材以外では聞いたことがありませんし、信頼できるFX商材や手法をお探しの方にはかなり一見の価値ありの商材ではないでしょうか。

なおここまで述べてきたことの繰り返しになりますが、本商材の手法はまだ90%までしか完成していないということですので、それ故現在は手法の検証過程の画像や動画を「特典」として提供する形での「先行販売」(2021年 4/24~2021年6/30まで)となっています。

「完成」して本講義がアップされましたら、再度当ブログでご紹介したいと思います。

ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-の詳細はこちら

 

 

 

© 2021 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5