ツール 有料ツール インジケーター 有料インジ

【気になる商材チェック】通貨相関強弱 矢印極

今回もユニークな商材をご紹介したいと思います。

今回の商材は「通貨ペアの相関による強弱でトレンドの発端を捉える矢印インジケータ」ということで、これまでありそうでなかったようなインジケーター兼サインツールです。

本インジケータの特徴は、通貨ペアの相関の強弱を使う所にあります。
トレンド発生の発端は単独の通貨ペアだけで起こることはなく、
例えば”USDJPY”であれば、"USD"と"JPY"に関わる全ての通貨ペアの値動きが影響してきます。
本インジケータでは特に影響を受けやすいいくつかの通貨ペアの強弱を考慮し、トレンド発生点の確度を上げています。
他通貨ペアの値動きを同時に監視することで、目の前の1つのチャートだけでは分からない大きなトレンド発生を事前に捉えやすくなっています。

一つのチャートだけを使って、トレンドを捉えるのではなく、複数の通貨ペアを監視しつつ目前のチャートで発生するトレンドを捉えた方が確度が高いということですね。

以下は5分足チャートに矢印極を表示させたもの。

ダマシもありますが、なかなかの精度のようです。

大きな値動きを事前に捉えるのが得意ということで、MAやMACDでは捉えられないポイントを捉えることができるとのこと。

矢印には、青・赤・水色・ピンクの4種類で、青・赤はトレンド発生の候補で水色・ピンクは青と赤よりも確度は下がるがより早い段階でトレンドを察知できることがあるようです。

こちらは矢印の表示タイミングを決めているインジケーターF_trend_ALL_USDJPY。

極矢印インジケータは、こちらのインジケータが0をクロスしたタイミングを表示しているとのこと。

こちらは通貨ペア相関の計算のためのインジケーター、heikatsu_FORCE。

MT4に標準搭載されているForce Indexを平滑したものということです。

このツールだけでと言うより、環境認識は別インジやプライスアクションで行って、エントリー判断に短期足で使用すると効果的かと思ったんですが、果たしてどうでしょうか。

確度の高いインジケーター兼サインツールをお探しの方はチェックしてみてください。

通貨相関強弱矢印極の詳細はこちら

 

 

 

 

© 2021 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5