有料商材 商材

【気になる商材チェック】FXLINE式ダウ理論の極み2 ~ダウ理論を使った高勝率スキャルピング~【FX匠】

今回は以前ご紹介した『FXLINE式ダウ理論の極み ~先出しで相場が読める異次元の手法~』の続編(?)となる商材『FXLINE式ダウ理論の極み2 ~ダウ理論を使った高勝率スキャルピング~【FX匠】』を紹介したいと思います。

まず、こちらが以前ご投稿した記事になります。

前作では複数の時間足によるダウ理論と水平線を使った手法ということでしたが、前作が「相場の原理や環境認識の仕方、そこからエントリーパターンに持って行く方法など」を解説していたのに対し、今回は「エントリー後にすぐに利益が乗り、更に高勝率且つ、抜群の再現性を誇るエントリーポイントをメインに作成」したとのことで、エントリーに重きを置いた講座になっているようです。

こちらが講座の内容。

白い太字のチェックマーク第1章 Wについて

白い太字のチェックマーク第2章 環境認識とエントリーまでの流れ

白い太字のチェックマーク第3章 Wの種類

白い太字のチェックマーク第4章 値幅の期待できるWのサイン

白い太字のチェックマーク第5章 チャートの設定方法

白い太字のチェックマーク第6章 その他重要事項

どうやら「W」が手法の鍵になっているようで、下記の動画でもその一端が窺えます。

勿論今回も文章だけでなく動画も用意されています。

前作もあれから100本以上売れていて、口コミが増えてるにも関わらず相変わらず高評価なんですが、この「FXLINE式ダウ理論の極み2」の方もまた、口コミが高評価になっています。

一部を引用するとこんな感じになってます。

これほど信頼性のあるスキルピング法があるとはもっと早くに知ればよかったと思いました。 デモから始めて自身のスキルに自信がついたら、本格的にリアルで実践していこうと思います。 本物に出会えたのだから、あとは努力次第だと思います。

 

ダウ理論、なんとなく理解していたつもりだったがシンプルに理解できました。 エントリーの根拠、利確損切りの根拠がわかりやすくて良かったです。 習得するには練習検証を行う必要があると思います。

 

ダウ理論は知っていはいましたが、理解はしていませんでした。 環境認識、ダブルトップ、ダブルボトム、押し目・戻り等、本教材ではっきり理解できました。 今までは、なんて根拠のないトレードをしていたんだなと反省しました。 エントリーポイントや利確、損切が明確なので、今後は自信をもって実践していけるよう身につけていきます。

 

ダウ理論をもとにした戦略の組み立てて方、エントリー、クローズまで詳細に解説(動画あり)があります。 ダウ理論と聞くとトレードキャリアにより格差がでるため再現性が低いと思いましたが、 本教材はあいまいな裁量部分を極力なくしシンプルであるため再現性は高いです。 もちろん習得するには練習や検証が必要ですが、習得できれば今後のトレードに大きな武器になると思います。 さらに不定期ですが、直近の相場解説がかなり勉強になります。

 

マルチタイムフレームやチャートパターンなど 今まで知ってはいるものの使いこなせていなかった知識が 集約されて、活用できるイメージが沸きました。 考え方は王道中の王道。 ただ、知ってはいるものの、実践するのが難しい王道のやり方を 手順やチャート環境まで明確に示して頂けて とても勉強になりました。 手順も明確なので、一通りFXの知識がある方であれば、 問題なく理解できると思います。 一通り読んで、過去検証も行いましたが、 実践でも成果を出していけそうです。

 

前回の「FXLNE式ダウ理論の極み」が自分にとても良い影響をもたらしてくれたので、今回も購入させて頂きました。 前回の理解が進んでいると今作の内容もすんなりと頭に入ってくると思います。 特に、エントリーのタイミングや形も具体的で勉強になりました。 実際にチャートで様々な通貨を見てみると、エントリーの形が頻出している事に気付くことができると思います。 既に前作での学習によって成果を出されている方もいると思いますが、ダウ理論の更なる理解の為にもオススメです。

これらはほんの一部ですが、レビューも前作同様高評価で、前作に続いて購入されている方も複数いらっしゃるようです。

手法については「シンプル」とか「明確」という評価が多いようで、再現性も高そうですね。

ダウ理論自体は100年以上前の理論ですが、未だに世界中のトレーダーが重要視する理論ですし、ダウ理論をもとにした手法をしっかりと身に着ければ、一生モノのスキルとなる可能性大です。

インジケーターに頼らず、ダウ理論を使ったトレード手法をものにしたいという方や、将来に渡って通用する手法でトレードしていきたいという方は、前作同様注目しておきたい商材ではないでしょうか。

FXLINE式ダウ理論の極み2の詳細はこちら

 

 

 

 

© 2022 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5