FOLIO ROBO PRO

ロボアドバイザー

好実績で推移中!AIで未来を予測しグローバル資産に自動分散積立投資!FOLIO ROBO PRO

小額から積立OKでAIに投資一任!ロボアドバイザーとは?

お知らせしていた通り、当ブログでは今後FX以外の投資案件も扱っていく予定です。

早速ですが、今回はAIを活用したロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」を取り上げてみました。

その前にそもそもロボアドバイザー(ロボアド)とは何かということに触れておくと、証券会社や大手通信会社などが提供しているAIを活用して自動化された投資運用サービスです。

現在様々なタイプのロボアドあり、それぞれ特徴はありますが、大まかに共通点を挙げておくと以下のようになります。

・少額から始められる!

・毎月小額での積立投資が可能!

・銘柄の選択、買付、リバランスまでロボアド(AI)が運用のほとんどをお任せでやってくれる(※投資一任型の場合)!

・年率1%程度の手数料がかかる。

ざっと書くと、ロボアドに共通の特徴としては上記のような感じです。

「小額から」「積立」と書きましたが、だいたい1万円から積み立てで投資できるものが多いです。

その上銘柄選択や資産配分、状況に応じたリバランスまでやってくれたりします。

ロボアドサービスには全てAI任せの「投資一任型」と投資家が一部質問に答えることでAIが最適な銘柄や資産配分を教えてくれる「アドバイス型」がありますが、投資一任型の場合であれば、最初の口座開設と入金さえ終わればあとは放置状態でAIが全て自動で投資運用を行ってくれますので、忙しいけど投資もやってみたいという方にはまさにピッタリのサービスとなっています。

 

FOLIO ROBO PROの運営会社は?

ではここからはFOLIO ROBO PROについて見ていきたいと思います。

FOLIO ROBO PROは、株式会社FOLIOが提供する投資一任型のロボアドバイザーサービスです。

この株式会社FORIOですが、2015年12月に設立された資産運用サービスを提供する会社です。

本格的な事業展開は2018年11月以降に開始されているようですが、既にSBI証券や新生銀行がこのFOLIO ROBO PROによるAI運用ノウハウを活用したサービスを顧客に提供するまでになっています。

特にSBI証券が提供する「SBIラップ」は7ヶ月余りで預かり資産200億円を達成しており、そうした実績からもFORIO社が高い技術力と信頼性を兼ね備えた企業であることが窺えます。

参考 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000022761.html

 

グローバルな投資対象に分散投資!

FOLIO ROBO PROの投資対象となるのは米国の金融商品取引所に上場している8種類のETF(米国株、先進国株、新興国株、米国債、新興国債、ハイイールド債、不動産、金)になります。

引用 youtube公式動画より(※記事最下部に貼付)

米国株だけでなく先進国株・新興国株を含み、債券や不動産、金など、多様かつグローバルな資産が投資対象となっています。

つい最近世界人口は80億人を突破しましたが、人口が増えるにつれて世界経済も確実に成長を続けています。

それに伴い金融市場も拡大を続け、今後も成長が見込まれていますので、グローバルな資産に分散投資することは合理的な選択と言えるかもしれません。

 

銘柄選択から買い付け、リバランスまで全部お任せ!

ただし個人が自力で銘柄選択から買い付け、資産配分まで行うには時間と労力、知識が必要となってきます。

たとえETFに対象を絞ったとしても素人投資家が上手に運用していくのは難しいのではないでしょうか?

相場を監視・分析してある程度将来を予測しつつ、銘柄を選択・買付し、状況によっては資産の配分を見直したり・・・と、ちゃんとやろうとすればするほど作業が必要となってきますし時間もかかります。

特に相場の未来予測は専門知識を備えたプロでも難しいところですので、通常は個人投資家でそれをちゃんとやってるという人はあまりいないのではないかと思います。

 

しかしこのFOLIO ROBO PROを活用すれば、ネットで口座を開設して入金するだけで、あとは全部お任せですみますので、せいぜいやることと言えば、専用アプリや公式サイトを時々チェックするぐらいでしょうか。

引用 youtube公式動画より

FOLIO ROBO PROの詳細はこちら(公式サイト)

 

実績が凄い!

ではこのFOLIO ROBO PROはどの程度実績を出しているのか?

そこが皆さん一番気になるところかもしれませんね。

ちなみに公式サイトでは毎月実績が公開されていますので、いつでも直近までの実績を見ることができます。

それによると、2020年1月15日にサービスを開始して以来、2022年10月末までに+約46.98%という高いパフォーマンスとなっています。

引用:FOLIO ROBO PRO公式サイトより

 

40以上の指標を分析!相場の未来を予測し大胆に資産配分を変更!

じゃあ、なぜこのような優れた実績を出すことができているのか?

それはFOLIO ROBO PROに搭載されたAIが40種類以上のマーケット指標にアクセスし、人間の能力では処理できない膨大なデータを収集、分析・機械学習を行って、精緻なマーケット予測を行ってくれるからです。

引用 youtube公式動画より

具体的には①危機の察知、②景気循環の予測③金融環境の予測という三つの予測を行います。

その上で、そうした予測に基づき、パフォーマンスの最大化を目指して原則毎月一回の頻度でダイナミックな資産配分の変更を行います。

例えば下落相場になりそうなときは保守的な資産配分に変更し、上昇相場を迎えそうなときには積極的な資産配分に変更してくれます。

また、急変時には臨時に投資配分の変更をおこなってくれる場合もあります。

以下は公式サイトで紹介されているリバランスの成功例ですが、コロナショックでの株価下落局面では事前に暴落を予測して債券比率を高めることでTOPIX(東証株価指数)よりも損失を抑え、影響を緩和できています。

 

こちらは景気回復による上昇相場を予測し、債券から株式中心の積極的投資配分にリバランスしたことで、TOPIXを大きく上回る利益を上げています。

引用:FOLIO ROBO PRO公式サイトより

このようにFOLIO ROBO PROは事前のAI予測に基づいたダイナミックなリバランスを行うことで、ここまで大きな成果を上げてきています。

勿論AIといえども投資予測に絶対はないと思いますが、人間に真似できない膨大なデータ分析と機械学習に基づいた精緻な予測ですので、下手な「専門家」の予測よりは余程信頼できるのではないでしょうか。

それゆえFOLIO ROBO PROの予測精度は既に相当なレベルに達しているようにも思われるわけですが、今後も機械学習を続けていったならどの程度の予測精度になっていくのか、想像し難いところです。

FOLIO ROBO PROの詳細はこちら(公式サイト)

 

FOLIO ROBO PROが長期資産運用に適している理由

FOLIO ROBO PROが長期資産運用に適している理由として、世界経済や金融市場の状況が変化していく中で運用ロジックも変化させていくことができるという点が挙げられます。

ROBO PROでは定期的に学習をおこなうことで、運用アルゴリズムの改善や最適化がおこなわれています。ある指標を使った将来予測が不安定になった場合、その指標に基づいた判断度合いを下げることを行う適応的な運用戦略を採用しています。

引用 https://folio-sec.com/static/topics/posts/4dfZmOSDa5CMDb6
N356IcR/index.html

定期的に学習をおこなうことで、運用アルゴリズムの改善や最適化」を行えるというのは、まさにAIの強みです。

例えばFX自動売買と比較すると、基本的にEAは相場の状況に応じてロジックの変更などやってくれませんので、運用者の裁量によってEAの入れ替えや停止を行う必要があります。

それに対しFOLIO ROBO PROの場合はAIが定期的に学習し、自動でアルゴリズムを修正、最適化してくれるので、ユーザーの負担が少ない上に、しかも継続的にそれを自動で行ってくれますので、初心者でも柔軟な長期投資を続けていくこと可能です。

 

毎月1万円から自動で積立投資!長期積立特典あり!

FOLIO ROBO PROは毎月一定額を自動で積み立て投資していくことが可能で、最低積立額は毎月1万円からとなっています。

一括で資産を購入せず分散して少しづつ積立ていく方法を「ドル・コスト平均法」と言いますが、一括購入の場合よりも金融商品の平均単価を抑えられる可能性が高く、リスク分散という点で優れています。

この小額からの積立投資自体は他のロボアドのサービスでもありますが、ROBO PROの場合は長期積立特典が用意されています。

どのような特典かと言うと、積立投資の継続回数が一定回数(最低15回)を超えると、3か月に一度自動で抽選を受けることができるようになり、当選すると、直前の過去3か月分の手数料の一部または全部についてキャッシュバックを受けられるというものです。

最初の抽選は積み立てが15回に達した翌月に行われ、以後積み立てが継続すれば、18回、21回、24回・・・、と自動で抽選が行われます。

当選確率は2%ですが、投資を続ければ何度もチャンスがある上に、積立投資の継続回数が増えるほどキャッシュバック率(最大100%、上限10万円)も上昇していきます。

積立継続を途中でやめてしまうと、この特典もゼロからにリセットされます。

引用 https://folio-sec.com/static/topics/posts/3IIcuGbZviQeebTWkcTAuF/index.html

FOLIO ROBO PROの詳細はこちら(公式サイト)

 

最低投資金額と手数料

FOLIO ROBO PROの最低投資金額は10万円となっています。

運用手数料は、年率1.1%(税込)

ただし運用額が3000万円を超える部分には、年率0.55%(税込)の割引料率が適用されます。

また上述のように積立期間が継続していけば、抽選で手数料のキャッシュバックのチャンスもあります。

 

まとめ

ここまで見てきたように、FOLIO ROBO PROの最大の特徴は、膨大なマーケットデータを収集・分析し、精緻な未来予測に戻づいて毎月大胆なリバランスを行うところです。

予測により資産の配分を見直したことで、その後の局面に上手く対処できた事例が何度もあり、結果としてここまで優秀なパフォーマンスを上げてきている実績もあります。

毎月1万円から可能な長期の積立投資では、15ヶ月目以降にキャッシュバック特典のチャンスもあります。

リスクを抑えながらもできるだけ時間を節約し、腰を据えた長期投資を行っていきたいという方は、この実績あるロボアド、FOLIO ROBO PROの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

FOLIO ROBO PROの詳細はこちら(公式サイト)

 

 

 

Wealth Wing

© 2023 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5