投資の本

【投資本レビュー】『ロボアドバイザー投資1年目の教科書 』

ロボアド投資をやる前に、何かいい入門書はないかと思い調べたら出てきた本がこちらの『ロボアドバイザー投資1年目の教科書』。

[松岡 賢治]のロボアドバイザー投資1年目の教科書

この本は少し前(2017)に出版された本で、ロボアド関連の新しい本は他にもありましたが、kindleunlimitedで読めるというのと、「入門書」ということで分かり易そうだったので読んでみました。

初心者向けということと、著者が色々な雑誌に記事を書いている金融機関出身のファイナンシャルプランナーということで非常に文章も読み易く、ロボアドが登場した背景や本場アメリカでの人気、ロボアドの主要な運用商品であるETFについての説明や、ラップ口座との違いなど、さくさく読める感じです。

いくつかロボアドのサービスも紹介されていはいるものの、情報が古いため運営している各証券会社のサイトにアクセスするなどして情報のアップデートをする必要がありそうですが、基本的な特徴などは掴むことができます。

印象に残った点としては、ロボアドは人を介在しないで投資ができるため手数料が人が運用するラップ口座と比べて安いということ、にも拘らずアメリカでは人(「フィナンシャルアドバイザー」※日本のフィナンシャルプランナーのような専門のアドバイザー)を付けた「ハイブリッド型ロボアドバイザー」が個人投資家の支持を得てロボアドが普及することになったという指摘。

やっぱりみんないくら手数料が安くても完全なロボアド任せは不安だったのかもしれませんね。

ただ今はAIが当時以上に色んな分野に進出するようになってきて、当時と比べるとロボアドだけに任せることに抵抗のない人も増えてそうですし、将来的にはラップ口座全てがロボアドに取って代わられる時代も来るんじゃないでしょうか?

というわけで、分かり易いですし手っ取り早くロボアドのことを知りたいという方は読んで損のない本かもしれません。

 

 

 


© 2023 自由な生活を実現するためのFX投資 Powered by AFFINGER5